FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県下諏訪地内

2014年5月
長野県下諏訪郡内

〔屋根形状〕…片流れ屋根
〔屋根材料〕…ガルバ鋼板 横長尺 AT2段式 屋根
〔設置向き〕…南向き
〔種別名称〕…RS-T290


【配置状況】

・軒先にRS-T290タイプを設置。

・落雪ストップと太陽光パネルとの間には、
 融雪装置(手動ON/OFF式)を配置。

【融雪装置単独設置の問題点】

・融雪装置のみの場合、軒先の雪は融けるが、
 パネル上の雪が残る為、落雪が発生する。

・降雪センサーなど自動ON/OFF式の場合、
 ON時間が長いために光熱費が増える。

【融雪装置との併用設置】

・手動ON/OFF式の問題点として、
 積雪後に電源を入れた場合、
 熱源に触れている付近しか
 解けないと言う問題点があった。

 そのため、積雪と同時に電源が入る、
 降雪センサー等の自動ON/OFF式を
 導入する場合が多く見受けられたのですが、
 導入費と光熱費が増加する事もまた問題でした。

 しかし、今回の現場では手動ON/OFF式ですが、
 積雪した後に電源を入れたとしても、
 太陽光パネル上の雪は、水下にズレ始めますが、
 落雪ストップで屋根下への落雪を防ぐことができます。

 また、その止めた雪は融雪装置の熱と、
 晴れた日には太陽光と外気温も加わり、
 早く雪を溶かすことができるため、
 積雪による太陽光パネルへの遮光時間も短くなり、
 発電効率も上がります。

 太陽光パネルからの落雪被害の心配もなく、
 安全で安心な冬をお過ごしいただけます。






CIMG6436_result.jpg
CIMG6423_result.jpg
CIMG6424_result.jpg
CIMG6440_result.jpg
CIMG6443_result.jpg
CIMG6447_result.jpg

〔ご協力業者様〕

 ・GLホーム諏訪店様

 ・㈱MCI 様

 ・㈱長野セキノ興産様


スポンサーサイト

テーマ : 快適な生活のために
ジャンル : ライフ

カテゴリ
【落雪ストップ 事例】
設置事例をはじめ、 被害・事故・対処・対策などの 事例も掲載しております。

落雪ストップ事業部

Author:落雪ストップ事業部
落雪に関するお悩み、
疑問などございましたら。
公式ホームページの
お問合せホームより、
お気軽にご連絡下さい。

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。